【重要な資料】

花柳会の理事であった花柳寿南海先生、花柳喬輔先生らが三代目お家元の相続財産管理人である松田政行弁護士(著作権法を含む知的財産権法分野で活躍される著名な弁護士です。)に対して平成 19年から 20年当時に述べた内容がまとめられた記録(録取書)が発見されました。

この録取書は、松田弁護士が寿南海先生や喬輔先生らと面談して内容をまとめた信用性の高い文書ですが、 ①花柳寛氏は暫定的な家元にすぎないこと、②三代目お家元が花柳貴彦を家元後継者と考えていたこと、③花柳寿南海先生は花柳貴彦を四代目家元にすべきと主張したことなどの重要な事実が記載されています。

資料はこちら

コメントは受け付けていません。