舞踊会に出演いたしました

皆様のお力添えにより無事に舞台を務めることが出来ました。

毎年この様に素敵な会で演じる機会を与えて下さる東京新聞さま、この度もご指導下さった千代先生、いつもサポートしてくださる皆様方に対して、心より御礼申し上げます。

今回の演目の稽古では、静の動きの中に秘める緊張感、奥行、その中での感情の表現を主な課題として取り組みましたが、素踊りの難しさと奥深さ、伝統に培われてきた素晴らしさを痛感しました。

課題は未だ山積みですが、日本舞踊の素晴らしさを表現できるよう、日々、一つずつ、一歩ずつ、精進していく所存です。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 平成29年9月24日
   花柳貴彦

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。