年頭のご挨拶

皆様よりご支援いただき、昨年、私の除名処分に関する裁判においては、一審・二審ともに完全勝訴という結果を得ることができました。お流儀の皆様方、裁判官の方々、家族、私を応援して下さる全ての皆様、また三代目様を始めとするご先祖の方々に対しては、言葉に言い尽くせないほどの感謝の思いでいっぱいです。あらためて心より御礼申し上げます。

これは私にとって意義のある大きな一歩ですが、これを単なる一歩で終わらせてはならないと決意を新たにしております。現在のお流儀運営により、多くのお流儀の方々が苦しく、悲しく、悔しい思いをされています。このような方々が三代目様の時代のように「花柳」という名前を誇ることのできる状況を取り戻すため、花柳流の名取として、また三代目様からお流儀を託された者として、お流儀のために力を尽くす所存です。

先人の方々が必死の思いで残して下さった「花柳流」、「日本舞踊」という日本の伝統芸能・伝統文化をきちんと後世に残すためには、芸道に邁進しなくてはなりません。また、同時に、「人の道」とは何か、「日本舞踊」とは何か、「流儀」はいかにあるべきかについても考えなければなりません。まだまだ未熟ではありますが、今一度原点に立ち返り、皆様と共にこれらの点について考え、花柳流のあるべき姿を取り戻すべく、粉骨砕身努めて参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 平成29年1月3日
  花柳貴彦

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。