花柳寛氏による新たな除名の可能性

以前にこちらでもご報告したとおり、私は、7月29日に愛知県で開催された舞踊会に出演させていただきました。

今般、その舞踊会を主催した花柳流の先生のもとに、花柳寛氏から、「花柳流からの除名処分を検討している」との通知書が届いたとのことです。主催する舞踊会に私をはじめとする除名者を出演させたことがその理由であり、より具体的には、除名された者を舞踊会に出演させる行為が花柳流規則に定められた「著しい非行」に該当するという理屈のようです。

しかしながら、花柳寛氏による私に対する除名処分は正当な根拠に基づかない無効なものであり、私はその点を明らかにするために訴訟を提起して主張を行っているところです。そのような状況の中で、私を舞踊会に出演させたことをもって除名することを検討するというのは、あまりに乱暴な行為ではないでしょうか。

また、通知を受けた花柳流の先生は、長年にわたり花柳流に貢献されてきた方であり、多くのお弟子さんを持たれ、第一線で活躍されている方です。除名処分とは、そのような先生の活動を否定し、日本舞踊家としての生命を絶つ処分であり、簡単に行われるべきものではありません。

私は、除名に関する通知書が届いたという話をうかがった際、私のためにご迷惑をおかけしてしまったことへの申し訳なさを感じるとともに、このように乱暴な方法によって花柳流に貢献されてきた先生の日本舞踊家としての活動を妨害する行為に大きな憤りを覚えました。

さらに、その先生は、除名処分を検討されていることに納得できないため、花柳寛氏と直接会って話をしたいと求めているものの、花柳寛氏はこれに応じていないとのことです。除名処分は花柳流の名取に極めて大きな不利益を与える重大な処分ですから、処分に先立って十分な説明が行われるべきことは当然ですし、名取の側の考えや言い分を十分に聞くこともなく処分を行うということはあってはならないことです。この点でも、花柳寛氏の対応には大きな問題があると考えています。

私を出演させたことを理由として除名処分を受けるかもしれない状況におかれているという点で私には責任がありますので、その先生をお守りするため、今後も力を尽くしたいと考えています。

なお、今回の除名処分を検討しているという件について、皆様のご意見を承りたいと思います。除名処分を行った者を舞踊会に出演させるという行為は「著しい非行行為」に該当するため、花柳流からの除名処分を行う根拠となりうるというのが花柳寛氏の主張ですが、そのような考えをどのように感じられますでしょうか。どのようなご意見でも結構ですので、お寄せいただければ幸いに存じます。

 平成26年11月12日
  花柳貴彦

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。