舞踊会に出演いたしました

7月29日に開催された舞踊会において、「正札附」という演目の「曽我五郎時致」役を務めさせていただきました。

会を主催された先生には、現在のような状況にある私に舞台で踊る機会を与えていただいたことを心より感謝しております。そのご厚意に応えるため、今自分が持てるものを出しきろうという思いで舞台に挑みました。舞台を観て下さった皆様にも、少しでも喜んでいただけたなら本望です。

また、今回の舞台では三世お家元のことを真に思って下さる方々とご一緒することができました。三世の偉大さを再認識するとともに、このような方々とともに「日本舞踊道」を歩むことができることに幸せを感じた次第です。

この度の舞踊会でいただいたご恩、これまでに関わった多くの方々からいただいたご恩に報いるために、今後ともご流儀のために日本舞踊道に勤しむことをあらためて心に誓いました。

平成26年8月1日
 花柳貴彦

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。