月別アーカイブ: 7月 2016

今後もご署名を集める活動を継続いたします

お陰様でこれまでに約600名の名取の皆様からご署名をいただきました。長年にわたりお流儀のためにご活躍されている先生や、花柳会で役員を務められている先生からもご署名をいただき、大変心強く感じております。 6月4日及び5日に花柳寛氏は花柳創右氏への五世家元継承及び「壽應」襲名を強行しましたが、これを受けて、名取の皆様の中には、「家元継承を強行されてしまったので、もはやどうしようもないのではないか」とのご懸念をお持ちの方もいらっしゃると聞いています。 しかし、そのようなことはありません。多数の名取の反対意見に耳を傾けることなく、また、お流儀の内外への説明責任を一切果たすことなく、既成事実を作り上げるためになされた「家元継承」や「襲名」の強行には何の意味もありません。筋の通らない、正当性のない「家元継承」や「襲名」はお流儀の皆様自身により覆すことができます。我々はそのための具体的な策を練っており、近いうちにその内容を皆様にご説明する予定です。 ただ、花柳流のあるべき姿を取り戻すためには、多くの名取の方々に反対の声を上げていただくことが必要です。そのために、我々は今後も引き続き署名へのご協力をお願いする活動を続けます。 本来は署名の趣旨に賛同のご意見であるものの、「署名したことが花柳寛氏側に知られてしまうのではないか」、「署名しても意味がないのではないか」といったお考えから、署名することを躊躇されている名取の方々が多くいるとも聞いています。また、署名活動に協力しないようにと脅しのような言動をされている方が一部にいるとも聞いています。 しかし、我々はいただいた署名に関する情報をご本人の同意なく第三者に開示することは決していたしません。それでも、ご署名いただいた人数を公表することはできますし、署名いただいた皆様に個別にご連絡することもできますので、ご署名いただくことには大きな意味があります。また、家元継承という流儀の重要な問題に関して名取が意見を述べることができることは当然ですから、署名したという事実を理由として除名などの不利益処分を行ったとしてもそれが有効となることはあり得ません。 そのため、署名の趣旨にご賛同いただけるお流儀の先生が周囲にいらっしゃるようであれば、ご署名へのご協力を呼びかけていただきたく、ここにあらためてお願い申し上げる次第です。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。